BLACK PANDA公式バナー.png

2019年04月28日

【隻狼-SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE】感想

制作に関係ない記事が続いて申し訳ない。制作進捗に関しては、現在CienかTwitterにていろいろチェックしてもらえたほうがいいかもです。そちらのほうが情報も新しいです。
***************************************************************************
【SEKIRO感想】※ネタバレあり
先日、SEKIROをプレイしてまして、103時間くらいかけてなんとか一周目をクリアすることができました。
フロムのダクソ系は、ダクソ2とブラボしかクリアしてないんですが、SEKIROもそれ系だということで久々やってみるかと思い、購入したのですが。発売直後のこのゲームの評価はあまりよろしくなかったと思います。
まず、ダクソとはほぼほぼ別物ということ。ダクソがRPGであればSEKIROはACTに全振りしてる感じで、もちろんキャラクターは強くなるのですが、基本的に強敵を倒さないと強くなりません。そして、とにかく難しい。
序盤は雑魚兵士に余裕で負けます。二人などに囲まれたらもう最後…正直これはクリアできる気がしない…って思ったんです。
難しいけれども、ちまちま進めていき……
最初の難関と思われる、鬼形部というボスとの戦いがあります。全然とにかく倒し方もわからないので、この辺りから仕方なく攻略なども見ながら進めていくことに。鬼形部は馬に乗ってるのですが、動物の馬には「爆竹」が有効なんですよね。
爆竹を使うと怯ませることができる、など。敵の攻撃もちゃんと見てると少しずつわかってくる。そうこうしてるうちに、敵の体幹ゲージを上げて一撃で倒せる忍殺マークが表示されます。
なんだかんだでやっとこさ倒せたのですが、今度は暴れまわる牛が出てきます…
とにかく派手なので圧倒されてしまいます…こいつも爆竹が有効でした。そんな感じで攻略要素がきちんとあり、それらに気付くことで進めるようになっているのですね。もちろん、他のテクニックもいろいろ大事ですが。
この後くらいから、城下の屋根を走り回ることができ、行ける場所も増えていきます。
そして、その後に再び難関が立ちはだかります。御子を助けるために城の最上階に行くのですが、ここでは弦一郎ことげんちゃんが敵として現れます。このげんちゃんはチュートリアルの時に最初戦っています。基本は負けイベントでして。
ここのげんちゃんがとにかく…強くて強くて。ここは攻略なしで最初やってて。ようやく…ようやく倒したーと思ったら……
二段階目の姿に変わり…がっくり…と…
こりゃ厳しいと思い、今度は攻略見ながら忍具もいろいろ使ったりとやっていたのですが、忍具を使うための形代と呼ばれるアイテムがすぐ無くなってしまうので、忍具も使わないで攻略することを決意。
おかげで、弾きと見切りをここでだいぶ練習することができました。二段階目は敵が使う雷攻撃をうまく使って敵に攻撃するのが肝なのですが、これが凄い苦手です。画面が光ってよくわからない状態になってしまうんですよね。でもなんとかげんちゃんを撃破をすることに成功しました。
ここでした。SEKIRO凄い面白いって思いはじめたのは。このゲームキャラも凄いよくて、演出もめちゃくちゃカッコいいんですよね。そのかっこよさを最大限に引き出すのは恐らくこの難易度にあるんじゃないかなと思いました。ダクソでも強敵を倒した時の達成感は凄かったと思いますが、このSEKIROはほんの少しそれを上まる何かがあるなと感じました。
自分の場合は攻略見ながらとかなので、若干あれですが実際は自分の技術を上げたり、倒す方法を必死に模索していく以外ありません。レベルがないのだからいつか倒せるだろう、はないのです。
ここからまた進める場所もどんどん増えていきます。そしてその圧倒的なバランス調整にびっくりするのです。
難易度は高いがけして理不尽ではない、という絶妙。わかってしまえば余裕すら出てくる。でも油断すればすぐ死ぬ。
そしていろんなボスを倒していき、ラスボスまで来まして本当にもうここは一番苦労しました…
ラスボスは配信してましてその最中に昔の戦友ぴろしきさんが来てくれてて、アドバイスをもらいながら……

最後に忍殺マークが出た瞬間身体中の毛穴が開きました…この感動をなんて言っていいかわからないですね…
その時から涙が溢れ溢れ…劇中の感動と、倒せたんだという事実で感極まりました。
本当久々に、しびれるゲームを堪能できてよかったなと思いました。
刺激が足りないな、と思う方はぜひプレイしてほしいなと思います。ただ万人誰にでもオススメはしません…本当に難しいので…
序盤さえ乗り越えられれば、最高のエクスタシーを満喫できることをお約束します。
posted by 黒ぱんだ at 18:29| Comment(2) | 雑記

2019年01月02日

あけましておめでとうございます!

rW9HQCU2.png
イラスト:むうちゃ

あけましておめでとうございます。2019年もよろしくお願いします。
あけおめ絵描こうとさっきから描いてたのですが今完全に腑抜けの状態になっているのかまともに描けないのでむうちゃさんにいただいたユイのSD絵を飾らせていただきます。

さて、今年の制作は前回からも言っているとおり、引き続きロリクエ2外伝の制作です。そしてまだ完全な発表はできませんが発売日も決めました。もうそれに向けて頑張っていく感じです。
一応春先にはα体験版の公開を開始していきます。

◆α体験版概要
・制作途中までをプレイできる
・セーブデータの引き継ぎは不可能
・製品版とは仕様が異なる場合が多い
・ゲームとしては中途半端な状態でしか遊べない

このα体験版はCi-enの有料プランの方のみ遊ぶことが可能になります。そしてある程度の意見や要望も送ることが可能です。※採用されるかは別です。
このα体験版は細かにバージョンアップされていきます。ゲーム内容広範囲まで遊べる可能性もありますが、この辺りはまだ未知数でして未定です。

◆β体験版概要
・製品版がほぼ完成してからこの体験版は公開される
・セーブデータの引き継ぎは可能になる予定
・製品版と仕様もほぼ同じ
・体験版の範囲が明確になっており、それ以上は遊べない
・この時点で製品は完成形に近いためここからの意見要望からの変更は難しい

体験版の種類はこのような感じにしていきたいと思います。今回はロリクエ2以降に制作したどのRPGよりもかなりでかいプロジェクトとなっておりますため、少しでもみなさんの声を聞きながら制作できたらいいなと思いました。とはいえ、みなさんも知っているとおり私はほとんど人の言うことを聞くことがありません。なので、意見をスルーしてしまうことも多々あるかと思います。ですが、その時はタクポン氏ね!黒パンダ氏ね!と罵ってもらって全然大丈夫ですので、楽しくやっていけたらいいなと思います。
エロもゲーム作りも未熟なところばかりです、勉強しながら完成に向けて制作を頑張りたいと思います。

それでは今年も一年BLACK PANDAをよろしくお願いします!
ロリは不滅です!
posted by 黒ぱんだ at 16:06| Comment(6) | 雑記

2018年12月31日

2018年もありがとうございました

2018年末ご挨拶.png

今年をざっくり振り返ると…ロリクエ2外伝の制作にほとんど費やしてたのは間違いないんですが完成までにはまだまだ遠く、なんというか成果物がないと何もしてない気分になってしまいますね。そういう意味では年末に突貫ではありましたがひとつ作品ができたのはよかったと思います。今回作ったのは運ゲーという完全に振り切った内容でしたが、今のだとただのパチンコパチスロ風になっているだけでそれらをやらない方にはいまいちよくわからない演出が多かったかと思います。ですが、何かしらの”ゲーム”を作る、ということの楽しさに改めて気づけたことこそが一番の収穫で、”エロRPG”というのはあくまでも手段のひとつだった…というわけです。これからもRPGは作っていくのは間違いないですが、もっと可愛く、エロいものとして遊べるゲーム作りを頑張りたいと思います。
ちなみに、私はパチスロ昔は好きで打ってましたが凄く下手というかのめり込みすぎて負けがこんでしまうのでやらなくなってしまいました。典型的な前が見えなくなってしまうタイプなんですね。みなさんもやりすぎには注意しましょう。

今年はリアル方面ですとボードゲームもいろいろやった年でありました。地元でそういうグループに入って活動もさせていただいておるのですがゲーム作りのヒントになることが本当に多いです。いつか活かせる日が来るといいなと思います。

それでは、平成最後の大晦日、みなさんよいお年を〜〜!
来年もよろしくお願いしますm(_ _)m
posted by 黒ぱんだ at 13:05| Comment(0) | 雑記
           LQ2HP用トップバナー.jpg